1970年代の日本の音楽 お勧めのアルバム・楽譜

 1970年代にはやった代表的な日本のメロディーを紹介します。当時の日本ではグループサウンズが下火になり、フォークソングの出現、そしてニューミュージックへの進化、さらに日本のロック・ミュージシャンたちの台頭が目立った時期かと思います。のちにJPOPと呼ばれるジャンルに発展します。

 またいかにもアイドルらしいアイドル歌手が数多く出現したのもこの時期でした。浅田美代子などの歌はそっちのけで「かわいい」アイドルから、山口百恵のような実力派アイドルまで、幅広いアイドル歌手が現れました。

 1970年代当時の音楽は「のり」という意味では最近の音にかなわないかもしれませんが、どのジャンルをとっても、メロディラインが美しく、そして「意味のある」歌詞が使われていました。名曲として後世に残る曲が多い時代だと思います。

 NHKなどでも1970年代の音楽は繰り返し特集されています。1970年代は、何かそうした名曲を生み出す素地が整っていた時代だったのでしょう。

 このコーナーで紹介する多くのCD・DVDはアマゾンへリンクが付けてあります。またアップルのiTunesに収録曲がある曲も増えています。興味のある方は一度お調べください。

 また、楽譜に関してはアマゾンだと、書名にアーチスト名が入っていない限り、アーチスト名や曲名で楽譜を探し出すことができません。各アーチストのページには、楽天市場のアーチストごとの楽譜の検索結果へのリンクが設けてあるほか、楽天市場で曲名で楽譜が検索できる検索ボックスを設置してありますのでご利用ください。

1970年代邦楽紹介
メインメニュー
サービスガイド
Copyright© Hitonomori co ltd. 1970年代音楽サイトはAmazon.co.jpアソシエイトです。