オフコース お勧めのアルバム・楽譜

オフコースお勧めアルバム
オフコース・グレイテストヒッツ
1969-1989 (完全版ベストアルバム)

オフコース
 筆者は今でこそオフコースのベスト曲集2枚組み、なんていうCDも持っていますが、実はオフコースの全盛期にはそれほど興味をもっていませんでした。むしろ最近になっていいな、なんて思ってます。

 昔ももちろん「愛を止めないで」とか「さよなら」など、オフコースの超ヒット曲は無論知っていましたが、どちらかと言えば「女の子向きの歌」という認識でいました。小田和正の声がまた高いですからね。女性的な印象があったせいもあるかもしれません。チューリップの財津和夫は何かの番組でこの声が衝撃だった、と話していましたが。

 一番のお奨めは「オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989 (完全版ベストアルバム)」でしょうか。3500円ほどでCD3枚組みです。このタイトルを見ると、1969年には既にオフコースは存在していたんですねえ。ちっとも知りませんでした。当時は鈴木康博と二人でやっていたそうなのですが、全然記憶にありません。やはり僕の記憶にあるオフコースは、メガヒットを出した以降だったのですね。

 もう少しお手ごろなものならヒット曲集の「2000(ミレニアム)ベスト」ならお値段も2千円以下で、一通りヒット曲はカバーされていますし。

1.愛の中へ
2.僕等の時代
3.思い出を盗んで
4.秋の気配
5.夏の終り
6.YES-YES-YES
7.愛を止めないで
8.生まれ来る子供たちのために
9.愛の唄
10.思いのままに
11.めぐる季節
12.ワインの匂い
13.言葉にできない
14.Yes-No
15.さよなら
16.I LOVE YOU
17.きっと同じ
18.歌を捧げて

 また「Back Streets of Tokyo」というアルバムでは、収録された全曲すべて英語で歌われています。オフコースのあのサウンドと小田和正の声ですから、英語だと結構良いイージーリスニング向きのアルバムになっているのでは、という気がします。一度聴いてみたいですね。

 オフコースのDVDもいく種類か出ているようですが、目を引くのは「オフコース:Off Course 1982・6・30 ―武道館コンサート―」です。70年代のヒット曲が目白押し、そして鈴木康博がオフコースを離れる最後のコンサートだったそうです。

 オフコースの楽譜には「オフコース・ピアノ・ソロ・アルバム―やさしく弾ける」があります。

 一方最近(2002年5月)売れているのが小田和正の「自己ベスト」です。無論オフコース時代の曲も収録されています。でもこの人こんなに売れているなんて知りませんでした。しかし小田和正以外のメンバーの名前はみんな知っているのだろうか。(鈴木康博さんはソロで、他のメンバーはバンドで活躍しているという情報をいただきました)

OFF COURSE BEST OFF COURSE BEST "ever"
Universal Music =music=
参考価格 2,484円
オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989
ファンハウス
参考価格 3,600円
i (ai) (DVD付)i (ai) (DVD付)
EMIミュージック・ジャパン
参考価格 3,600円
SELECTION 1973-78SELECTION 1973-78
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
参考価格 2,600円
SELECTION 1978-81SELECTION 1978-81
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
参考価格 2,600円
The Best Year of My LifeThe Best Year of My Life
ファンハウス
参考価格 1,572円
1982・6・30武道館コンサート [Blu-ray]1982・6・30武道館コンサート [Blu-ray]
ユニバーサル ミュージック
参考価格 3,780円
アズ・クロース・アズ・ポッシブルアズ・クロース・アズ・ポッシブル
ファンハウス
参考価格 1,572円
シングルスシングルス
EMIミュージック・ジャパン
参考価格 3,356円
スーパー・ベスト30スーパー・ベスト30
EMIミュージック・ジャパン
参考価格 3,942円
Amazon.co.jpアソシエイト
1970年代邦楽紹介
メインメニュー
サービスガイド
Copyright© Hitonomori co ltd. 1970年代音楽サイトはAmazon.co.jpアソシエイトです。