さだまさし お勧めのアルバム・楽譜

さだまさしお勧めアルバム 「感動の素

さだまさしベスト さだまさしは当初グレープという二人組グループの一人として「精霊流し」の大ヒットを飛ばしましたが、すぐ一人になってしまいました。一体もう一人が誰で、今どうなっているのかはまったく知りません。

 それはともかく、さだまさしも、あまりかっこいい存在ではなかったためか、当時はロック系のテンポの良い音楽の方が僕らには受けていたためか、「さだまさしが好き」と言うのも結構格好の悪いこととされていたような気がします。

 まあ確かにさだまさしの曲は、歌詞も「無縁坂」なんかに出て来るように母が対象だったりしましたから、若い僕らには「けっ!そんな歌が歌えるか!」みたいなところがあったのでしょう。

 しかし Google で「さだまさし」と検索してみると、当時の人気歌手などよりもはるかに多くの数のページが引っかかります。大衆的には?根強い人気があるようです。

 「さだまさしベスト」はたったの12曲しか入っていませんが、その名の通りのベストになっているように思います。「風に立つライオン」なんかも、この歌が出た前後に舞台となったケニアにちょうどいた筆者には、ちょっと感慨深いものがあります。

 そしてもう一枚お勧めは、「感動の素」。収録曲は泣く子も黙る以下!私も買いましたが、でも好き嫌いは分かれるところでしょうね。女房は僕がこのCDをかけると嫌がります。

1.北の国から’93
2.精霊流し
3.極光
4.秋桜
5.無縁坂
6.親父の一番長い日
7.フレディもしくは三教街-ロシア租界にて-
8.償い
9.まほろば
10.療養所
11.風に立つライオン
12.防人の詩

 さだまさしのファンの方には「帰去来」はいかがでしょうか。1976年のソロ第一作です。また「燦然會 ~コンサート3000回達成記念集會」は「道化師のソネット」「雨やどり」「関白宣言」などが収録され、また語りが楽しい3000回記念のCD3枚組アルバムです。お勧め!

さだまさし 北の国から さてもうひとつ、さだまさしと言って忘れられないのが「北の国から」です。そう、あの有名なドラマの主題歌はさだまさしなんです。「北の国から~オリジナル・スコア・ヴァージョン完全版」がそれです。これは一枚手に入れたいですねえ。

 ギターが弾ける方は「さだまさしベスト曲集 ギター弾き語り」をどうぞ。ただ、さだまさしの曲は「語り」の要素が強いので、人前で弾いてもどれくらい受けるかはわかりませんが。ピアノの方は「やさしく弾ける さだまさしピアノ・ソロ・アルバム」があります。

さだの辞書さだの辞書
さだ まさし 岩波書店
参考価格 1,650円
いのちの理由いのちの理由
さだ まさし ダイヤモンド社
参考価格 1,870円
もう愛の唄なんて詠(うた)えない (幻冬舎文庫)もう愛の唄なんて詠(うた)えない (幻冬舎文庫)
さだ まさし 幻冬舎
参考価格 628円
酒の渚 (幻冬舎文庫)酒の渚 (幻冬舎文庫)
さだ まさし 幻冬舎
参考価格 605円
さだのはなし ~さだまさしステージトーク集~さだのはなし ~さだまさしステージトーク集~
さだまさし ユーキャン
参考価格 1,320円
精霊流し (幻冬舎文庫)精霊流し (幻冬舎文庫)
さだまさし 幻冬舎
参考価格 677円
銀河食堂の夜銀河食堂の夜
さだ まさし 幻冬舎
参考価格 1,528円
解夏解夏
さだまさし 幻冬舎
参考価格 339円
日本人よ、かくあれー大和の森から贈る48の幸せの見つけ方日本人よ、かくあれー大和の森から贈る48の幸せの見つけ方
岡本彰夫 ウェッジ
参考価格 1,760円
美しき日本の面影(新潮文庫)美しき日本の面影(新潮文庫)
さだまさし 新潮社
参考価格 649円
Amazon.co.jpアソシエイト
1970年代邦楽紹介
メインメニュー
サービスガイド
Copyright© Hitonomori co ltd. 1970年代音楽サイトはAmazon.co.jpアソシエイトです。